活動成果

新しい技術への取組み

新技術奨励賞

当協会では、協会の発展に有益なコンサルティング技術の改善・提案・導入等を行ったものを選定し、新技術奨励賞として表彰しています。
新技術奨励賞について、会員各社に関する過去10年間の新技術テーマを整理するとともに、異業種(ここでは水コン協以外をすべて異業種と定義します)との研究開発形態やその後の新技術の活用状況について調査し、一覧表にまとめましたので紹介いたします。
なお、本調査については、今後も定期的に実施し、常に新しい情報を提供するよう努めてまいります。

調査時期 2018年4月(活用状況等は2019年7月に再確認)
調査対象 過去10年間(平成20年~30年度)
受賞技術件数 10件
異業種との研究開発該当件数 4件
調査結果 水コン協新技術奨励賞 受賞技術一覧と活用状況

異業種との新技術開発情報の提供

当協会では、会員各社への技術サービスの維持向上のため、異業種(ここでは水コン協以外をすべて異業種と定義します)との新技術共同開発に関する状況把握や有用情報の紹介などを行っています。
会員各社の過去10年間に関する異業種との新技術共同開発状況についてアンケート調査を行い、その結果を技術分野と関連組織の関連表としてまとめましたので紹介いたします。
なお、アンケート調査については、今後も定期的に実施し、常に新しい情報を提供するよう努めてまいります。

実施時期 平成30年(2018年)4月
調査会員数 関東支部会員計44社(正会員37社 支店等会員7社) ※調査当時
回収数 9社(回収率20%)
異業種との新技術開発アンケート調査結果 共同研究者関連表

要望と提案活動
水コンサルタントになろう
各支部情報