活動成果

技術評価型の受託者選定の手引き(2015年7月)

当協会では、地方公共団体の皆様が技術評価型の受注者選定による発注方式を導入していただくため、「総合評価落札方式(水コン協提案簡易型)」を平成21年11月に作成し、積極的な運用をお願いして参りました。

その後、平成23年6月には「建設コンサルタント業務等におけるプロポーザル方式及び総合評価落札方式の運用ガイドライン」が改定され内容が大きく変化し、さらには、平成26年6月には改正品確法が施行されました。これに伴い、国では業務内容に応じたコンサルタントの選定・契約が促進されることを期待しており、高度な技術力を必要とする業務には、プロポーザル方式や総合評価方式の採用を促しています。

そこで、本協会では、「建設コンサルタント業務等の技術評価型の受託者選定の手引き」を策定しました。
本手引きでは、地方公共団体の方が、プロポーザル方式や総合評価方式を採用する際に、参考としていただけるよう、より簡易で判りやすい手順や評価基準等を作成しております。

地方公共団体の皆様におかれましては、本手引きを活用され、適切かつ円滑な事業の推進に役立てていただきますようよろしくお願い申し上げます。

平成27年7月13日
一般社団法人 全国上下水道コンサルタント協会
下水道委員長 牛原 正詞

資料
建設コンサルタント業務等の技術評価型の受託者選定の手引き

要望と提案活動
水コンサルタントになろう
各支部情報